スタッフコラム

【DTM】作った楽曲がショボく聞こえてしまう理由

2021年07月19日

 

 
昨今ではDAWソフトの進化により、誰でも気軽に楽曲制作を行う事が出来るようになりました。
 
この記事に目を通している人もDTMで曲を作ってインターネット上にアップしたり、iTunesにリリースしたり等DTMerライフをエンジョイしている事でしょう。
 
しかしながら、作った楽曲がプロの作ったものと比べるとショボく聞こえてしまう等の悩みを抱える人は多いと思います。
 
今回はこういった悩みを抱える人の為の内容に切り込んでいきたいと思います。
 
1:使用している音源・プラグインがショボい
 
DAWを購入した当初から入っている音源やプラグイン、エフェクト等を使ってDTMしている人も多いでしょう。
 
昔と比べ、打ち込みの音源のクオリティーは飛躍的に高くなりました。
 
ですが、それもまだまだ使い手の腕によるという段階で、音源化という段階まで突き詰めると生の音には到底敵わないというのが現実です。
 
よりクオリティーの高い音源を目指すのであれば、生楽器に拘るとまでは行かなくとも、使用している音源を見直してみるべきです。
 
ピアノ音源のサスティーンだったり、ドラム音源の低音、ヴァイオリンやブラス、ギター等の音色の表情が求められる楽器パートのアーティキュレーション等音源のグレードによってクオリティーが大きくされます。
 
勿論相応のコストが掛かってしまうのですが、自身の作曲したいジャンルに合わせて必要なパートから徐々にグレードアップを図っていくと良いでしょう。
 
2:アレンジがチープ
 
前章では、良い音にはコストが掛かるという話をしました。
 
しかし、お金で解決出来ない事も多いというのがDTMの難しさ。
 
アレンジのチープさを感じる時とはどのようなものでしょうか。
 
2-1:フレーズの使い回し。
 
あれ、このフレーズイントロでも聞いたな
 
勿論、それが意図的に組み込まれたリフやオブリガートであれば問題はありませんし、サビでフレーズを統一した方が“印象が強まる”という効果もあるので一概に駄目なものとも断言できないのですが…。
 
例えば、AメロとBメロとでドラムのタム回しが一緒であったり、ベースラインがずっとルートを弾くだけのものであったりすると、聞き手としては違和感に感じてしまいます。
 
2-2:ビートが一定
 
これも一概には言えません。特にロックの曲なんかは最初から最後までずっとシンプルな8ビートで構成されている曲もあります。
 
ですが、同じビートがずっと繰り返しになっている構成だと聞き手は飽きてしまいます。
 
王道な手法ではありますが、Bメロでは4分音符に落としたり、白玉で伸ばすパートがあったり等“起承転結”練られたアレンジは作曲に於いて必須となります。
 
2-3:フレーズに旨味がない
 
作曲初心者にはありがちですが、コードはコード。リードはリード。これを守りすぎてしまうが為にフレーズのアレンジがミニマムになりがちです。
 
特に昨今蔓延る楽曲はどれも洗練されており、どのセクションを切り取っても気の抜けないようなキメの細かさが主流となっています。この点に至っては経験を積まないと難しいところではありますが、ユニゾンの箇所を増やしてみたり効果音を積極的に入れてみたり等、フレーズを組み立てる上である程度の遊び心が必要だと感じています。
 
2-4:オートメーションを使ったアーティキュレーションの処理
 
DAWには再生中の音源のベロシティーを操作する“オートメーション”という機能があります。
 
オートメーションの恩恵を一番受けることになるのはヴァイオリンやトランペット等の楽器でしょう。
 
これらオーケストラで活躍するような楽器パートはドラムやギターとは違い、1曲の間のボリュームの振れ幅がかなり広いです。波形等で見ると分かりやすいのですが、音量を小さくしていると「なんか鳴ってる?」と疑問を抱いたかと思えば次の瞬間で「ドン!」とボリュームが大きくなってびっくりした経験のある人も居るでしょう。
 
打ち込みの音源をそのまま打ち込んだ状態だと、生楽器のようなボリューム感はないのでアーティキュレーションを使ってより人が弾いているかのようなディティールを仕込んでいく必要があるのです。
 
他にも、音源の始まりをボリューム0から初めて徐々に音量が大きくなっていって曲が始まるといった1ステップ上のギミックを仕込む事が出来ます。
 
3:MIX
 
楽曲を制作する上での最大の難関と言えるでしょう。
 
結論から言えば、プロの世界でも作曲家とエンジニアを兼業している人も殆どいません。一見何でも屋に見える腕の良い方であっても「どちらかと言うと作家寄り」という具合に得意分野が別れるところだと個人的に思っています。
 
それ程にも両者専門的なものなので両立はかなり難しいと思います。
 
しかし、自分の楽曲を自分でMIXしているアーティストも沢山います。適切なイコライジングであったり各パートの下処理、場合によってはレコーディング時の知識等も求められる分野です。
 
クオリティーを重視したいとの事であれば、大人しくエンジニアさんに投げちゃうのが良いですが、興味がある場合チャレンジしてみるのもありだと思います。
 
少しでもMIXやマスタリングの知識が頭に入っていれば、エンジニアさんに依頼する時に詳細な注文をする事が出来ます。この場合、完成のビジョンが見えている方がエンジニア側としてもありがたい事であり、良い作品の完成に繋がります。

 


DTM 作曲 編曲 アレンジ